技術とコンテンツ – 過去の講義(2010年度)

戻る

回 月.日 講師(組織名・肩書は当時のもの。敬称略) 題目
第01回 04.14 廣瀬 通孝
(東京大学 情報理工学系研究科 教授)
工学技術におけるコンテンツの位置づけ
第02回 04.21 鈴木 康広
(アーティスト/東京大学先端科学技術研究センター 特任助教)
デジタルパブリックアートプロジェクトの構想力
第03回 04.28 福田 哲夫
(インダストリアルデザイナー/産業技術大学院大学 産業技術研究科 創造技術専攻 教授)
新幹線車両デザインー感性と機能の融合
第04回 05.12 萩野 正昭
(株式会社ボイジャー 代表取締役)
電子時代の読書~過去そして未来
第05回 05.19 隈 研吾
(建築家/東京大学 工学系研究科 教授)
建築とアート
第06回 05.26 濱野 保樹
(東京大学 新領域創成科学研究科 教授)
メディア技術のヴィジョン
第07回 06.02 細田 守
(アニメーション監督)
映画制作を通じて考えたこと
第08回 06.09 片岡 篤
(日産自動車株式会社 デザイン本部)
乗用車開発における感性品質と将来性
第09回 06.16 柴田 文江
(プロダクトデザイナー/デザインスタジオエス代表)
デザインの役割
第10回 06.23 村上 存
(東京大学 工学系研究科 教授)
デザイン・イノベーション(仮)
第11回 06.30 石坂 敬一
(日本レコード協会 会長)
音楽産業総論(仮)
第12回 07.07 松井 冬子
(日本画家)
現代美術の解剖