投稿者「Hideyoshi YANAGISAWA」のアーカイブ

修士1年の岡田真範君が第23回日本感性工学会大会にて優秀発表賞を受賞しました(2021/9/10)

設計工学研究室修士1年の岡田真範君が,第23回日本感性工学会大会にて以下の論文を発表し,優秀発表賞を受賞しました.

岡田真範,柳澤秀吉:自律移動ロボットの加速に対する人の予測のモデリング(駆動力を潜在変数とした加速に対する予測と反応)https://www.jske.org/news/2021-09-14-14179

Best paper award, iDECON2021(2021/9/3)

修士1年の有馬 颯希さんが、国際会議iDECON2021にて下記の論文を発表し、Best Paper Awardを受賞しました。Satsuki Arima, Masafumi Miyamoto, Hideyoshi Yanagisawa (2021). Modeling human recognition of the state of charge, International Conference on Design and Concurrent Engineering 2021.

https://www.researchgate.net/publication/354372044_Modeling_human_recognition_of_the_state_of_charge?fbclid=IwAR2E9oKF5m0F3C3qXWCMZXdUM_NCtH6V5iRYpT6LcOYcYEHMXTAjziC04fw

Best Paper Award, KEER 2020 受賞2件(2020/9/16)

修士2年の宮本 雅史君と修士2年の橋本 崇君が国際会議 The 2020 International Conference on Kansei Engineering and Emotion Research (KEER 2020) で発表した下記の論文2件が,Best paper awardを受賞しました.

Modeling Acceptable Novelty Based on Information-Theoretic Dimensions of Emotion
Masafumi Miyamoto, Hideyoshi Yanagisawa

A Risk Feeling Model of Autonomous Driving Behavior
Takashi Hashimoto, Hideyoshi Yanagisawa

The 2020 International Conference on Kansei Engineering and Emotion Research (KEER 2020)

https://www.keer.org/

橋本崇君と番場雅典君が,第21回日本感性工学会大会にて優秀発表賞を受賞しました.(2019/09/14)

第21回日本感性工学会大会にて発表した下記の研究が,優秀発表賞を受賞しました.

自動運転の挙動に対するリスク感の指標化(期待効果理論を用いた個人差のモデル化)
橋本崇,柳澤秀吉

情報利得を用いた操作主体感の数理モデリング(応答遅れ時間を用いた検証)
番場雅典,柳澤秀吉

(2018/3/22) Best Paper Award, 7th International Conference of Kansei Engineering & Emotion Research 2018

柳澤秀吉准教授が7th International Conference of Kansei Engineering & Emotion Research 2018にて発表した論文”Multilingual Semantic Networks for Kansei Study”が、Best paper Awardを受賞しました。本論文は、下記のサイトからダウンロードできます。
https://www.researchgate.net/publication/323730584_Multilingual_Semantic_Networks_for_Kansei_Study